Recent Trackbacks

Main | February 2004 »

麻実れいにただ、ただ、ため息...

昨夜は自分の部屋にもどった後、録画しておいた『芝居の小部屋』とかって番組を観ました。麻実れいが、いまやっているお芝居『タイタス・アンドロニカス』について語る番組。どのような舞台なのか。蜷川幸雄演出のこの舞台、とても興味はあったのだけれど、さいたま市までは足をのばせませんでした...

その後、年末に録りためておいた『華麗なる卒業生たち』の鳳蘭編と麻実れい編を観ました。
鳳蘭は、やっぱり今でも宝塚の顔っていう感じ。すごく宝塚を愛していて、また、思い出をいとおしんでいるのがわかります。
いっぽう麻実れいは、思い出をいとおしむのは変わらないけれど、すこし引いた視点からの振り返り。以前『宝塚アカデミア』か何かに、麻実れいは宝塚を男役として退団した人が女優としてやっていくのに、お手本になるような変わり方をしている、と書いてあったけれど、ほんとうにいい雰囲気の、大人の女性。とっても素敵です。番組の中に『アデュー東京宝塚劇場』のときの、タキシード姿が映っていたけれど、それは格好よいのだけれど、大人の女性のタキシード姿。男装ではない。こういう大人の女性になっていきたいな... 私自身は、宝塚現役時代の麻実れいはあまり記憶がないのだけれど、退団後の麻実れいは、とっても素敵で憧れてしまうのです。ただ、ただ、ため息... 眠りについた後、素敵な彼氏が現れる夢を見たのは... あまりに短絡的で、我ながら苦笑してしまいました。

ショック!... 昨日の『てるてる』は文化祭だった!

昨日の『てるてる』はやはり文化祭だったらしい。すごいショック!総集編でやるかしら?

今朝は、お友達のわだかまりも解けて、同期全員が揃って本科生に進級。冬ちゃんが俄かにおすましになって、微笑ましいことったら。

冬ちゃんとカズちゃんの関係も目が離せなくなってきました。

真矢みきの芸達者ぶりに脱帽!

昨夜は夕飯を食べながら、暮れに録画した花組『ダンディズム!』を観ました。今東京宝塚劇場でやっている宙組公演同様、ロマンチック・レビューと銘打たれた作品で、かなり前のものですね。
当時の花組トップの真矢みきは、この作品でも、そのエンターテイナーぶりを遺憾なく発揮しています。客観的に観て、格好いいのかどうかよくわからないのですが、とにかくキマッています。なんだか、その世界に引き込まれてしまいます。
また、紫吹淳や匠ひびきなど、ダンスの上手い人も揃っていて、黒燕尾の群舞なんかは、ほんとうに皆が皆キマっていて、格好いい。
それから、いまや伝説に近いと思うのですが、ストライプのスーツで紫吹淳と匠ひびきが踊るタンゴのシーンは、ため息ものです。
けれどやはり、これらすべてを統べる真矢みきの芸達者ぶりは、ほんとうに見事だと思います。

春四月花組が横浜に♪

もうひとつ。うれしいニュース。
今度の4月の全国ツアー花組が神奈川県民ホールにやって来ます。しかもしかも、4回公演。 おさちゃん(春野寿美礼)、お待ちしてますわ♪

アダム・クーパー氏来ません

最新のニュース。宝塚歌劇公式HPによれば、今年の目玉企画のひとつだったはずの振付家アダム・クーパー氏の招聘来日が中止になったとか。スケジュールの調整がつかなかったそうです。
が、もともと、ほんとかな?って思うところもなきにしもだったから、別段驚きも落胆もないんだけど。
けどクーパー氏にとってみれば、タカラヅカの振付の機会を逃すってのは、惜しいないことなのではないかしら。大劇場の舞台装置を使ったレビューの演出ってエキサイティングなお仕事だと思うんだけど... ね!

『てるてる』留守録を忘れる!

今日は朝いちに病院に出かけなければいけないので、朝8時前に家を出ました。なので『てるてる家族』は留守録対応... と思っていたら、朝あんまり慌てたので[タイマー]ボタンを押してくるのを忘れました。我が家のビデオには、デフォルトで『てるてる』時刻がセットされていて、録画したい日には録画専用テープを入れて[タイマー]セットをするのです。2階の自分の部屋を出るときには覚えていたのに、居間に着いたときにはすっかり忘れていた... あ~、すごいショック。今日はどんな筋書きになっていたんだろう... 昨日冬ちゃんは、上級生から文化祭のお手伝いを頼まれていたのよね... お母さんはちゃんと筋を覚えていてくれてるかしら?宙組の子達がでてたらどうしよう...

社会人の自覚

27日は夜遅くまで飲み歩いて玉砕。28日は一日倒れていました。この3月で就職20周年を迎えるのに、社会人の自覚が足りません。

一日倒れていつつも、スカイステージでタカラヅカニュースはチェック。『逸翁デー』のイベント。東京は一路真輝が出てきて、たかちゃん(和央ようか)とハナちゃん(花総まり)と3人で『エリザベート』初演時の話しでおふざけモード。あれ?これって雪組公演だっけ?せっかくならとうこちゃん(安蘭けい)も出てきたら?って思ってしまいました。大劇場ではナツメさん(大浦みずき)。ここは花組だから、なんとなくすわりがいい気がする。ナツメさん、やっぱりいいなぁ。なんとなく。大劇場と東京は、若干構成が違うのでしょうか?ナツメさんが歌った歌は、たーたん(香寿たつき)の退団記念アルバムにも収録されているのだけれど、なんていう歌だろう?とても好きです。カラオケで歌いたいぐらい。

一路さんは、たぶん私と同い年なんだと思うけれど、こういうフォーマルの場でついふざけちゃうところ、共感しちゃいます。あ~でも、そうはいうものの社会人の自覚。正真正銘外見は大人なのだから、しっかりしないとなぁ...

『てるてる』冬ちゃんもりえちゃんもがんばれ!

昨日26日。朝食『てるてる家族』を観ているとブレーカーが落ちてしまった。ちょうど冬ちゃんのバレエのレッスン風景だったのでショック!

会社に着くと先輩から「宙組はいかがでした?」とメールが入っていたけど、忙しくてなかなか返事か出せず、夕方になってようやく「よかったでした」とメール。安蘭けいがいかに上手くてよかったかを書いていたら、論文のように長くなってしまいました。お仕事中だというのに...

夕方@Niftyのメールとオンチケをチェックしたけど、宙組も月組も新しい情報がなくがっかり。なんとか月組のチケットが手に入らないかなぁ... 宙組も、できればもう一度観たいし...

帰宅後、お夕飯を食べながら、昼に予約録画した『てるてる家族』を観る。冬ちゃんの音楽学校生活。冬ちゃんはバレエの課題の二回転ができなくて、居残り。だからいわんこっちゃない....とはいうものの同期生たちに助けられながらの特訓で、なんとか難題をクリア。冬ちゃん、がんばれ!
冬ちゃんのお友達のりえちゃんは、悩みをかかえてカラにこもっているの?冬ちゃんのいうとおり自分から明るくしていかなければダメだよ。りえちゃんもがんばれ!

とうこちゃんの瞳

とうこちゃん(安蘭けい)は上手い!もう、ただただ、その一言に尽きます。

きっといいことがあるって。ホントに

24日の続き。

行きの電車の中では『歌劇』1月号を読んで予習。何の?... まぁともかく。
母親が法事に出かけるのと一緒に家を出たので、10時には有楽町に到着。
いつものように恵比寿様にお賽銭を投げていたら、前にいたおじさんがセンターを譲ってくれた。「そういうのは真ん中でやらなくちゃ」って。なので、恵比寿様の真正面で「今日もありがとうございます」とおまいり。おじさんにお礼を言って立ち去ろうとしたら、「きっといいことがあるよ~」って言ってくれた。ありがと、おじさん。

劇場に着いてもまだ10時15分くらいで開演まで間があるので、キャトルレーヴに入ってみたら、すでにたくさんの人が絵葉書や写真を見ている。今日は、宙組フィナーレとポスター、雪組春麗ポスターの絵葉書、それに星組王家フィナーレの絵葉書は持ってる気がしたけどNewと書いてあったから買ってみた。(けど、帰宅してみたら、やっぱり持ってた... ま、使っちゃうからいいけど) それと、絵葉書用のクリアファイル、90周年記念メモ帳、王家のクリアフォルダー、Le Cinq 最新号を購入。なんだかんだで2,500円ぐらい使ってしまって、自分でもちょっとびっくり。

キャトルセゾンを出たら、すでに劇場が開いていたので、早速入場。初めての3階1-1扉... 6列目の... 10番台は、なんと花道の目の前、手が届きそう... 6列目は10番台から番号が始まるのですね。あまりにいい席で、足が震えてきました。思わず。恵比寿様の前でおじさんがいったとおり、いいことがあった...

あまりに舞台の目の前で目立つし小腹もすいているので、2階に降りて、一口おにぎりと唐揚の入ったお弁当とコーヒーを買って食べる。それから、3階の女性用トイレに行ったら意外と込んでいて、しかもその日は開演前の『すみれの花咲く頃』のチャイムも早めに鳴っていて、あわてて 1-4扉から入場。舞台ではすでに組長出雲綾さんがご挨拶をしていました。ほとんどの人が着席してるし、大慌てで上手の自分の席に向かうんだけど... 遠い... そもそもS席に慣れてないし、一桁代の席なんて、東京宝塚劇場でははじめてだし、もう、『白昼』が始まっちゃうんじゃないかって、はらはらどきどき。ようやく6列目の端にたどり着いたけど、まだ組長の挨拶が続いていて、よかった。ほっ。
お友達はまだ到着していなくて、これもやっぱり、はらはらどきどき。お友達が席について、数十秒後に、開演アナウンスが始まりました。

久々の男?安蘭けい。わくわくどきどきもので、幕開けを待ちます。

コムちゃん特出最終日は微笑ましく

24日。待ちに待った宙組観劇の日。ペルソナ割り引きでS席1階6列めが当たっているのです。最近友人の中にも機会があれば宝塚を観たいというコが少なくないのだけれど、こんなにいいお席はやっぱり宝塚が大好きな人と観て、一緒に盛り上がりたいと思うのです。それも楽しみ。

スカイステージをつけたらタカラヅカニュース総集編で安蘭けいの役がわり初日の模様をやっていて、いい感じ。気分がますます盛り上がっていきます。

タカラヅカニュースでは他に大劇場の雪組トップ特出最終日の模様もやっていました。トップさんも娘役さんも同期どうし、しかも全員花組出身だから、息もぴったりで微笑ましい感じ。コムちゃん(朝海ひかる)は、ほんとうにすっかりトップの貫禄が身につきましたね。ダンスもほんとうに上手。リカちゃん(紫吹淳)とは違ったタイプだけれど。
黒タキシードの下のベストの色も組によって違ったけれど、他組トップさんだけのデュエットのシーンも組によって歌もお衣装も違うのね。コムちゃんはたぶんJoyful!のときの衣装じゃないかな。袖とパンツの裾がひらひらになった赤と黒のお衣装。

もっとのんびり観ていたいけれど、今日は昼の部なので。留守の間のビデオ予約を仕掛けて、家を出る。

録画時間を間違えていた!

23日は名古屋の帰りに会社に立ち寄る。出張の間は携帯から記事をアップしていたので、どんな感じで投稿されているのか、Webで見てみたら、意外とちゃんとアップされているので安心。けど、字の間違いが多くてちょっと赤面。

@Niftyのメールをチェックしてみたら、24日一緒に宙組を観に行くお友達からメールが届いていたので、返事を書いた。彼女とは、8月の花組東京公演でたまたま隣り合わせたことから知り合いになって、それからずっとお付き合いが続いている... といっても、きちんと会うのは明日で2回目。ペルソナ割引でいい席が当たったので、せっかくなら宝塚が大好きな人と一緒にいきたいなっておもって誘ってみたのでした。

帰宅後、夕食を食べながら録画しておいた『てるてる家族』を観る。音楽学校は冬休み。けど冬ちゃん、レッスンに行かなくてパン作りに励んでて、大丈夫?来週はいよいよ文化祭のシーンがあるみたい。現役宙組生が出るのよね。楽しみ♪

録画予約を入れていた『Rose Garden』グンちゃん(月影瞳)の退団挨拶入りのはずなのに、組長がグンちゃんの手紙を読み始めたところでテープ切れになってしまっていて、すごいがっくり。スカイステージの番組表をよく見て計算してみたら、たしかに録画時間を間違えている... ショックを隠せないまま、眠りについたのでした。

真央さんの表情にフクザツな気持

今朝ホテルを出る前にワイドショーで舞台のお稽古から出てくる大地真央の表情が映っていたのを、なんだか複雑な気持ちで見ていました。

榊原郁恵かと思った

昨日から名古屋出張。名鉄ホールの前売りポスターが並んでいるところを通ったんだけど、2月は榊原郁恵のお芝居が掛かるんだって思って、榊原郁恵って舞台もやるんだって思って近づいてみたら、杜けやきでした。 どうして榊原郁恵に見えちゃったのかなって思って考えてみたんだけど、杜けやきの髪型があんまりフツーだったからかな?今月はスカイステージで『天守に〜』をずっとやってるし、少し前にベルばらもやってたし、トークも見たのにね。 役づくりのせいとは思うけど、あんまりフツーなのを見るのはちょっとフクザツ...

別れの予感

昨夜はスカイステージで大地真央(まおさん)を観ながら眠りについたのだけれど、そのときにふと、まおさんて松平健と一緒に暮らしているのかなあ?って思いました。 したら今朝の新聞の見出しに「真央離婚」ってあって、びっくり。こういう予感ていうか、カンって、意外とあたるんです。リカちゃん(紫吹淳)の退団発表の日もそうでしたし。 それにしても、お互いを理解し尊敬しあっているカップルだと思って憧れていたので、ちょっとショックです。

脇目もふらずに

今日は脇目もふらずにお仕事しました。

朝が早かったのでてるてる家族は録画予約しておいて、お夕飯をたべながら観てました

結局ビデオ見ちゃいました

帰宅はあまり早くなかったのだけれど、お母さんとお夜食をたべながら、昨夜と今日録画したビデオ見るちゃいました。 汐風幸がとってもかわいらしかった♪

90年の歴史の重み

会議か終わって戻ってきたら、先輩からチョコが届いたとのメール。「重い味です」って。宝塚90年の歴史と伝統の重みでしょうかね(笑)

残業とはいうものの

今朝は大森で朝いちの会議があるので『てるてる家族』はGコード予約しておいたんだけど、ついついライブで最後まで観てしまって、ギリギリ到着になってしまったのでした。 今日はまひるちゃんがザ・ピーナツを歌ってました。それにしても、春子ちゃんが「おかあちゃんの夢に私を巻きこまんといて」っていう気持ち。身につまされる気がして、なんだか自分の妹のように心配になります。

今日も残業で忙しいとはいうもののスキをみては『観劇記』を書き足し。前半のお芝居のところまでは仕上げてしまいました。

汐風幸のトークを録画したけど

昨夜のスカイステージは深夜にクッキングトークショーとやら。今日の午後は『長い春の果て』のときのNOW ON STAGEと、汐風幸の出演するトーク番組が放映されるというので、寝る前にビデオ予約をセット。汐風幸のトークはすごいおもしろいと思うの。人をそらさないっていうか。お話が上手。録画したビデオ早く観たいけど...今日も残業で時間がない... epステーションの本体予約がいっぱいになっているので、ビデオに吸い上げないと、なのだけれど、やっぱり暇がない...

思い出してはうっとり♪

夢の世界宝塚から現実に引き戻されて、今日からまたお仕事に励む。またこの次も観劇旅行に行けるよう、小さなことからこつこつと。

旅行で食事が乱れておなかがすかないので今朝は朝食抜き。『てるてる家族』を見ながらアイロンかけ。まひるちゃん演じる春子ちゃんには恋人ができた。

会社では、まず、いつも宝塚やミュージカルなんかの話しをしている、社内メル友?の先輩には「宝塚歌劇90周年記念チョコレート詰め合わせ」を買ってきたので、公演チラシと一緒に社内便で送りました。で、もちろん「春日野八千代よかったです」ってメール。あと『天使の季節』の感想なんかも書いて送る。

同僚へののおみやげには歌劇まんじゅうを買ってきたので、配っていたら、隣の席のコが「誰かがお金出してくれたら一度は観てみたい」っていう。私だって、誰かが連れてってくれるのなら、何回でも観たい... けど、誰かと一緒に観るのはちょっとしんどいかな。一人で観るほうが好きかも。「宝塚よかった?」って聞かれたから「よかったよ♪」って言ったら「そんな顔してる」って。だって。思い出すだけでもうっとりしてしまうんですもの。今日はあまりWebも見ないでお仕事に励んでいたけれど、時折、おさちゃん(春野寿美礼)の包み込むような笑顔を反芻していました。「そのうち、フツーの男の人に興味がもてなくなるかも」って言ったら「まさかっ!」って、軽くいなされてしまったけれど、自分としてはやっぱりそうなる日が怖い...

夜になってからは、なんとなくちはるちゃん(矢吹翔)のドクターを反芻して、思い出し笑い。どちらかというと、ドクターはサム~いギャグが多かったと思うのですが、なんとなく、ワタシのツボにははまっていたらしくて。思い出してうっとり♪もヘンだけれど、思い出し笑いもかなりヘン。気をつけなくちゃ。

残業して帰宅する途中で、昨日留守の間にグラフが届いていたのを思い出しました。
家に戻ってみると、あると思うところになくって、探し回ってしまいました。今月のグラフは『巌流』の舞台写真や彩輝く直の『digiKISHIN』DVDの中の写真がいくつか。見所がいっぱい。だけど、読む時間がなくて、すごい残念...

春日野八千代に感激!

”白薔薇の君”春日野八千代先生を初めてナマで見ました。1月18日(日)午前の部。宝塚歌劇90周年記念祝舞『飛翔無限』です。もう、相当お歳を召されているはずなのに、立ち姿がとても美しい。若々しいというよりも、何か超越しているのです。そして扇さばきの見事なこと。まさに永の精進の賜物といえるでしょうか。
けれどそういう細かい技術とは別に、ゆるぎないスターの風格を感じさせます。黙ってそこに絶っているだけで、舞台の空気が変わって見えます。目には見えないけれども、春日野先生の動きにしたがって空気がなれるのがわかります。これがスターの風格、スターのオーラというものかしら?

現役スター春日野八千代

今年90周年を迎える宝塚歌劇の年明けを飾る記念祝舞に往年の大スターで最年長の現役生徒さん、しかも歌劇団理事、の春日野八千代先生を、往年の女学生である母に観せてあげたいと思い、母を連れて宝塚に。 花のみちセルカの雑貨やさんで母が「春日野八千代が好きで」と言ったら、そこにいたちょっこと年配のオバサマに「よっちゃんも頑張ってはったよ」って言われたそう。その後も春日野先生を「よっちゃん」と呼ぶオバサマに何人にも遭遇。 「往年」どころかちゃんと「現役」スターであることをあらためて認識しました。

『不滅の棘』を観ながら

いま、スカイステージでは一昨年の暮れの花組ドラマシティ公演『不滅の棘』をやっています。黒い背景に真っ白で斜めのラインが印象的なセット。登場人物は皆、真っ白い衣装。不思議で幻想的な舞台。死なない命を持ち、何百年もいき続けている主人公を演じる春野寿美礼は、感情のない冷たい、実体のないイメージがとっても似合っている、ていうか、はまっている。素敵。まさにセンターに立つにふさわしい、存在感を感じさせます。それにしても、白がとっても似合う人なのですね。あさこちゃん(瀬名じゅん)やゆみこちゃん(彩吹真央)の白いスーツ姿も素敵。あさこちゃんは、やっぱり早口。もうちょっと台詞回しにタメがあったら、もっとよくなるのにっていつも思います。ゆみこちゃんは、フクザツな背景を持つ繊細な役どころを、このときも丁寧に作り上げている印象。重くなりがちな人物像をさわやかに演じていて、それがなんともいえないはかなさや危うさを感じさせるのです。ふづき美世はふんわりゆったりとした女らしさ。なんとも安定感があります。少し前の作品だけど、花組はバランスがいいなって思わされます。

それを観ながら明日からの宝塚旅行のお支度をしているところ。母と一緒に大劇場に春日野八千代先生を観に行くのです。母は若い頃春日野八千代が大好きで、進駐軍に接収されていた東京宝塚劇場が返還された最初の公演に、埼玉からお弁当を作って駆けつけたのだそうです。その頃から「大劇場で春日野八千代を観たい」という夢があったそうです。今年、90周年の記念祝舞があるので、母が現在大好きなリカちゃん(紫吹淳)特出の日に観に行くことにしたのです。祝舞は4月の東京公演でもないわけではないけど、こういったらなんだけど、春日野八千代先生も母も高齢だから、何があるかわからない。親孝行はできるときにしておかないとね。
観劇は日曜日の昼の部。明日は11:00に羽田から伊丹に向かう予定なのだけれど、全国的に雪というから、ちょっと不安。

そんなわけで今日は会社で真面目にお仕事。といいつつ。先週の木曜日に観た宙組公演のあらすじチラシを会社の先輩に送ってあげる約束を果たせないでいたのだけれど、昨夜スキャナでスキャンしたのをPDF化してメール。したら、ファイルの大きさが3MB以上にもなっていて、ちょっとまずかったかも。で、そのあとちょこちょこっと感想などもメール。けど、先輩も会社を早く上がって帰省されることになっているので、メールのやり取りはちょこっとだけ。「花総まり」は長いね~とか。

AllAboutJapan の宝塚ファン掲示板に少し前に「宝塚周辺のおすすめ観光スポット、グルメスポットを教えてください」と発言してみたら、何人かの方がコメントをくださっていたので、お礼の言葉だけ up しました。花のみちセルカのお好み焼きやさんがおいしいとのこと。母もお好み焼きが好きなので、ぜひ立ち寄ってみようかな。あと『てるてる家族』の舞台の池田を勧めてくださる方もいらして、ぜひ行ってみたいのだけれど、明日のお天気はどうかしら..?足元が悪かったら、母を連れて遠くまで行くのは心配なので... てるてる坊主作ろうかな...?

『凍てついた明日』の放映が楽しみ♪

今朝も『てるてる家族』を観ながら朝ごはん。母と「音楽学校の制服はかわいいねぇ」などと語り合いながら。母にとっては、てるてる姉妹、てるてるおばあちゃんは、身内と一緒。おばあちゃんの病気を心から心配しています。
朝、家を出る間際にふとスカイステージの番組表、東京宝塚劇場でもらってくるチラシですけれど、それが目に入り、NOW ON STAGE『ガラスの風景』の再放送があったことに気付いて、あわてて録画予約。けど、今日は夕方からお仕事で東京の慶応大学までいかなければならないから、今夜は観る時間がないと思う... 悲しい。
夕方会社を出て、新幹線に乗るまでの時間をつぶすために駅前の本屋さんに入って雑誌コーナーをブラウジングしてたら、「紫吹淳」「蘭寿とむ」という文字が目に飛び込んできました。それは『レプリーク』の表紙だったのですね。早速手にとって立ち読み。『薔薇の封印』のステージ写真が見開き4ページ、リカちゃん(紫吹淳)を讃える文章とともに掲載されていたのでした。とっても素敵。最初の見開き2ページは修道院?のシーン。このシーン、嘉月絵理ちゃんもさえちゃん(彩輝直)も、スターウォーズに出てくるどこかの星の人々?のようなフード姿が、とってもかわいい。月組東宝のチケット、なんとか手に入るといいんだけど...
帰宅は遅かったので、今夜はおとなしくニュース23を観ました。タカラヅカばっかりで世の中のことがわかんなくなっちゃったら、まずいものね。
明日は宙組のベルばらの放映があるんだけど、暮れから今まで、何度も放映されてきたのに宙組だけはどうしても観れなくて、明日の放映も午前中なので、致し方なく録画予約。さえちゃんのオスカルを、ぜひ、全部観たいので。今までダイジェストでしか見たことがないのです。
ついでに土曜日深夜のリクエストアワーの番組が載ってるかどうかみてみたら、『凍てついた明日』の放映があることを発見!当然予約。『凍てついた明日』、たーたん(香寿たつき)ももちろん素敵ですが、グンちゃん(星影瞳)も素敵なのです。あぁ、テレビで観れるなんて。観劇です、もとい、感激です。今夜も夢見がいいはず...

星組兵庫公演?

e+ からプレオーダーのお知らせメールが送られてきたんだけど、タイトルが「宝塚歌劇 星組兵庫公演」って書いてあるの。兵庫?頭に浮かんだ地名は神戸とか明石、姫路... あれ?星組って、全国ツアーだったっけ?たしかに、大劇場の所在地は兵庫県には違いないけれど、なんだかなぁ...

会社では、昨年のカレンダーCD-ROM版をネット購入したときにもらった、トップスター&轟さんの写真入りのものを使っているんだけど、暮れに会社に入ってきた派遣のコに、今日「タカラヅカ好きなんですか?」って聞かれて、どきっ!「じつは壁紙もだったりして...」壁紙は、ハンガリーの戴冠式のときのエリザベート=大鳥れいなんだけど。「ファンですか?」「贔屓ってわけじゃないけど、衣装がすきなの...」って。なぜだかしどろもどろになってる私。
けど、考えてみたら、マウスパッドは普段化粧なのよね。彼女はなぜひと目で看破したのか?あぁぁ突っ込むのを忘れてしまった...

帰りに横浜有隣堂に寄ったら『ザ・タカラヅカⅢ宙組特集』が出ていたけれど女性誌のコーナーにあるのでガードが厚く、手に取ることができませんでした。Le Cinq も確認できず。『レプリーク』にリカちゃん(紫吹淳)のヴァンパイアが4ページにわたって掲載されているのを発見!今週末は大劇場で花組観劇だから、そのときにあらためて購入するかどうかを考えよう。

夜は、暮れにビデオに撮っておいた星組『LUCKEY STAR』を観ながらお夕飯♪『シニョール・ドン・ファン』のセルジィオとつい比較してしまって、1年足らずの間に、さえちゃん(彩輝直)の歌も踊りもお化粧も、とっても上達していることを再認識。それにしても、たーたん(香寿たつき)は美しくて上手。だけど、長髪の鬘はいまいちかなぁ。たーたんがトップでとうこちゃん(安蘭けい)が二番手の、この頃の星組は、私はとても好きだな。

今夜はスカイステージで月組『With a Song in my Heart』を観ながら寝ようかなぁ。

宝塚三昧日記開設宣言!

@Niftyのココログという仕組みを使って、簡単に日記帳が作れるらしいことを知ったので、早速使ってみました... ココログの存在は前から知っていたんですけど、なんとなく食わず嫌いというか、使わず苦手、というか... けど、携帯からも更新できるというので、便利そうなので、よしっ!と決心してみたわけです。

ここに、何を書いてみたいかというと『宝塚三昧日記』です。
私、プロフィールにも書くつもりですが、舞台が大好き。中でも宝塚歌劇を愛してます。観劇の記録を書き溜めて『宝塚観劇記』なるものを作ろうとしているのですが、観劇に行かないまでも、ビデオ、スカイステージなど、それにチケットの手配など、『歌劇』に染まった生活のあれこれを、書き留めていこうかと思っています。

前置きだけ、宣言だけ、しっかり、という状態にならないように。
毎日続けられるように。そして、いつかここに書き溜めたものが『美しい思い出』になるように、がんばるぞ!

Main | February 2004 »