Recent Trackbacks

« 夢の街憧れの街タカラヅカ | Main | ようやく『PACK』にめぐり会えたのに... »

教育の成果

8/20(金)
母が退院後第1回の診察があるので、付き添いで病院にいきました。2週間ぶりの病院の駐車場。あの、心細かった日々が遠い夢のようです。まだ2週間なのに。
最近もっぱらカーオーディオでは『ファントム』のライブCDをかけています。このCDは、フィナーレのとうこちゃん(安蘭けい)と樹里さん(樹里咲穂)の歌が入っていないのが残念なんですが。
ビストロのシーンでフィリップ・シャンドン伯爵の歌にはいったとき、母が「安蘭けいは上手だねぇ...」としみじみ言うのでした。最近、なにかにつけて、ビデオを見せては「これが安蘭けいだよ」「安蘭けいはここにいるよ」と教え、CDを聴かせ、座談会を見せてきた甲斐があったかと思うと、ちょっとうれしい。

夜、たーさまから電話がありました。轟悠の日生劇場『花供養』のチケットの売れ行きが芳しくないということ。「取れないと思ってあんなに頑張って声をかけたんだけど...取ってもらったぶんは、全部引き取るからね~」と言ってくれた。でも、ワタシはそんなにたくさん頑張ってはいないのだけれど。
チケットがなかなか完売しない理由について、たーさまは「轟さんは悪くないのよ~」って。「全部お芝居で、歌も踊りもないっていうからね...今は日本ものは人気がないしね...」という。私もそう思います。あと、やっぱり一緒に出るのが若手だからじゃないかなぁ、と思います。初演は、春日野八千代と榛名由梨の舞台だったんですよね。そう思うとやっぱり、小粒感は否めないかも。でも、演出助手に中村一徳センセイが入るから、きれいな舞台は期待できそう。「始まってみたら評判がよくて、チケットが売れ始めるかも」って話をして電話を切りました。ほんとにそうだといいなぁ...

« 夢の街憧れの街タカラヅカ | Main | ようやく『PACK』にめぐり会えたのに... »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14377/1259911

Listed below are links to weblogs that reference 教育の成果:

« 夢の街憧れの街タカラヅカ | Main | ようやく『PACK』にめぐり会えたのに... »