Recent Trackbacks

« 瞳子ちゃんの瞳 | Main | 恥かいた数だけ... »

榛名由梨はやはり偉大と再認識

8/25(水)
今秋の宙組全国ツアー横浜公演は10月中旬の土日。平日ならば心置きなく会社を早退して駆けつけるのだけれど、土日はもしかすると試験の日程と重なるかもしれない...と思うと、ちょっと不安でチケット取りにもあまり熱心ではなかったのだけれど。やはり知人に宙組ファンが多いので、最低限の努力はしよう...と思って。昨日会社の売店でもらった『シティリビング横浜版』にチケット申し込みの案内が載っていたので電話してみました。したら「全日程売り切れです」と即答。まぁ、そうだよね....きっと、シティリビングの今週号発行の時点で売り切れてたと思います。そう思うと、悔しいとも、残念とも、気持ちはまったくわきません。なぜか。

夜は、先週のスカイステージのリクエストアワーを録画した『あしびきの山の雫に』82年月組を観ました。榛名由梨がトップ、大地真央が二番手のころの作品。初めて黒木瞳に役がついた作品かな?何度も再演されている『あかねさす~』の続編のようなお話なのだそうです。
榛名由梨は堂々として貫禄があって立派です。いまさらいうまでもないかもしれないですが。所作のひとつひとつに落ち着きと貫禄があって、すごく大きさを感じます。でも、見せ場は大地真央かな。天武天皇--若かりしころは大海人皇子といった--の5人の皇子の一人だけれども、謀略で命を落とすことになる...存在にとても華がありました。
また、娘役、女役さんたちも、皆、とても落ち着きがあって、よかった。この頃は、日常生活にも「和」のシーンが多かったので、自然に和ものの世界になじんでいたのでしょうか。全体に、安定感のあるいいお芝居っていう感じがしました...黒木瞳は、さすがに若くて、ちょっとがんばれ!って感じでしたが...
けど、なんといっても、榛名由梨の存在の大きさ。あらためて、偉大なトップさんの一人だったのだなぁと認識を深めました。

« 瞳子ちゃんの瞳 | Main | 恥かいた数だけ... »

Comments

ども、以前突然メールをしたももんがです。
お母様の具合、いかがでしょう?たびたびここにおじゃましていたものの、なんも声かけられなくて失礼しました。お大事になさって下さいね。
私の方は明日、「飛鳥夕映え」見に行ってきます。
来週の土曜は「花供養」です。2週続けてすみれ三昧してきます。
私はテレビも地上波だけなので、私にとっては唯一劇場に足を運ぶのがすみれ三昧なんですね。
まだ、初心者で生徒さんの顔と名前が一致する人、少ないですが、ここに来て勉強させてもらってます。
では明日、映美くららさんをしっかり目に焼き付けに行ってきます!

ももんが様
こんにちは。コメントをありがとうございました。

メールもいただいたのに、何かと慌しい日々が続いてお返事ができないでいます。申し訳ありません。
それと、母のことではご心配をいただいて、恐縮です。
おかげさまで、母は驚異の回復力を見せ、このぶんでは10月の月組公演千秋楽にはくらりん(映美くらら)のさよならパレードを見に行くといいだすのではないか...? と、ちょっとうれしい半分、困った半分状態です。

ももんがさんのすみれ三昧第1週、『飛鳥夕映え』はいかがでした?日本史の教科書では、飛鳥時代の政治の黒幕でなんとなく腹黒オヤジっぽいイメージのある(のは、私だけ?)蘇我入鹿が宝塚の主人公になる、しかもトップお披露目で...って聞いて最初はとっても驚いたのですが、青春時代、学問仲間との交流や、瑪瑙との恋、が生き生きと描かれていてとても素敵な作品に仕上がっていると聞いています。
映美くららも、星組時代の新人公演以来、最初で最後の和もののヒロインは、きっととても美しいに違いない...しっかりと目に焼き付けてきましたか?
『タカラヅカ絢爛Ⅱ』も、明るくて華やかで楽しいショーですね。フィナーレ、ちゃんと踊れました?

『花供養』は、初演は春日野八千代先生と榛名由梨で、私はスカイステージで放映されたものを見たのですが、とてもしっとりとして美しい舞台でした。偉大な春日野先生のされた役を演じるのは、プレッシャーも大きいと思うのですが、今回は轟さんの新たな魅力が発見できるのではないかと、こちらも楽しみです。

な~んて、私がいっぱい書いてしまった後には書きづらいかもしれないですが、ご感想、ぜひお聞かせくださいね♪

ちなみに私は、月組は9月下旬の貴城けい=藤原鎌足バージョンと10月上旬の瀬奈じゅん=藤原鎌足バージョンを観に行く予定です。日生も、9月下旬に行こうかな?って思ってます。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14377/1321623

Listed below are links to weblogs that reference 榛名由梨はやはり偉大と再認識:

« 瞳子ちゃんの瞳 | Main | 恥かいた数だけ... »