Recent Trackbacks

« 弱気な私... | Main | 私の知らない母の一面 »

やっぱり宝塚は組があってこそ。って思う

7/23(木)
昨日から、母は一段と軽症の患者さんばかりのお部屋に移りました。
こんなに順調に快復しているのも、主治医の先生、看護士さん、あらゆる方々のおかげ。ほんとにありがたいことと思います。

でも。一般的な世間話はしても、趣味の合う人はなかなかいないらしく。病室を訪ねると、一気にガァ~っと話をして、圧倒されっぱなしです。

スポニチ大阪本社発行のタブロイド版特別号に、新理事長・小林公一氏のインタビュー記事が載っていたらしく、今日はその話。「慶應大学出身なんですって」とか「小林一三のひ孫なんですって」とか。
小林公一氏は「組のカラーを打ち出したい」と語っているそうで、母は「やっぱり宝塚は組があってこそよね...」とご満悦。「組の人がいろんなところに特別出演したり、組替えばっかりあるのはねぇ...」って。でも、お母さんの好きな春日野八千代先生も、戦後のいちばん人気のあった頃には、全部の組の主役を演じてたりしたんだけど...(苦笑)
でも、ワタシも、宝塚は組のカラーがハッキリしてるのに賛成。どの組の公演も均質で同じように見えるのだったら、組である必要はないもの。宝塚はひとつだけど、5組それぞれの個性が発揮されて、いろいろな持ち味の公演が見られるのが楽しいな。それに、均質の作品を作るのならば、組である必要はなくて、作品ごとにオーディションとかで、最適な配役を決定するほうが、よりよい作品を提供できると思う。でも、そうなったら、宝塚ではなくなってしまう気がする...ちょっと語ってしまいました...^^;
# 顔文字および # の使用は許す?>ワタシ

ワタシは、星組スターさんの紹介のコラムで、安欄けいが「次期トップの出番はいつでもスタンバイOK」のくだりにドキドキ。いままでこんなにハッキリ書かれたことがあっただろうか...

« 弱気な私... | Main | 私の知らない母の一面 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14377/1176525

Listed below are links to weblogs that reference やっぱり宝塚は組があってこそ。って思う:

« 弱気な私... | Main | 私の知らない母の一面 »