Recent Trackbacks

« February 2008 | Main | July 2008 »

タカラジェンヌ初?の医師国家試験合格!

宝塚歌劇団の卒業生から、初めてのお医者様が誕生されたそうです。

おめでとうございます!

多くのOGが様々な分野で活躍されていますが、お医者様が誕生したのは初めてのことのようですね。
今朝の宅配スポニチの裏面全面に大きな記事が載っていました。

芽衣かれんさん。本名・銘苅美世さん。80期生。きりやん(霧矢大夢)とかゆみこさん(彩吹真央)とかと同期なのですね。初舞台の後、花組に配属されて、ヤンさん(安寿ミラ)主演の『ブラックジャック』ではビノコに抜擢されたりしました。目元がくりっとした、愛らしい娘役さんだったのですよね。

歌劇団は3年で退団して。それから一念発起して大検に合格後、二浪して東海大学医学部に入学。2年生のときには『週刊医学会新聞』の「隣の医学生」というコーナーで、異色の経歴?の医学生の一人として紹介されました⇒コチラ

国家試験は2度目の挑戦で合格されたそうですね。スポニチ紙面には、きりやんのほか、おそらく退団時の花組トップ・スター真矢みきさんからもお祝いのメッセージが寄せられていました。

在団中に老人医療・福祉の現場に出会ったことから、医学部を志した、という銘苅さん。まったく異なる道に進んだように見えるけれど、彼女の中では一つの柱が貫かれているのですね。というか、在団中に立てるべき柱を見つけて、それを大切に守っているとも言うのな。

医師となって、最初は産科・小児科、それからいろいろな科を経験した後、自分の専門分野に進むのだそうです。まだまだ志を遂げるまでには時間が必要なようですね。でも、きっと頑張って、ご自分の求めた夢を実現されるのだと思います。

タカラジェンヌは夢を見せてくれるフェアリーって言われてますけど。こういう形で新たな夢を見つけ、その夢が実現する様を見せてもらえるのって、素敵なことだな~って思います。自分も頑張ろう!って気持ちになります。


« February 2008 | Main | July 2008 »