Recent Trackbacks

« あの日につながる切ない想い@ACHE ~疼き~(後半) | Main | 穏やかであたたかな空気@2008年秋雪組若手トークショー »

思い返してかみ締める....@ACHE ~疼き~

ACHE ~疼き~

あの舞台の中でわたさん(湖月わたる)は、わたさんの自己なんだな.....と思った。自己自身。本質。身体とか性別とかを超越してて、わたさんそのものの魂なのかもしれない。
男役を卒業したとき、そこにおいてきたのは女性の身体。男役の自分をおいてきたのではなく、自分の魂を仮に宿していた女の身体をおいてきたんだ。わたさんの魂は、女性の体を借りて、男役を生きたんだ。

けど、男役を卒業した今、わたさんの魂は、女性を求めるのか、男性を求めるのか、はたまた性別を超えた存在を求めるのか。

それって、もしかしたらわたさんの現在の心のありようを示していたのかな.....今、女性と決めず、男性と決めず、いろいろな舞台でいろいろな役柄を演じているわたさんの姿、そのものなんじゃないかな。

そのわたさんが、今いちばんしっくりくる言葉が"ACHE"だったってことかしら....??

初舞台から20周年の区切りを単なるメモリアル、振り返りに終らせずに、こういう形で今の自分の姿を残し、ファンの心に刻み付ける。どことなく哲学的なあり方は、わたさんにぴったりな気がしたし。私はこの哲学っぽさが好きだって思った。

具体的なパートナーとして、何人かのスターさんを思い浮かべることはできると思う。その人とともに作り上げた世界は終ってしまって、二度と戻れないことは事実だから。
どの人を思い浮かべても、かすかに胸に痛みを覚えるし、納得できるというか筋は通る。
観る人によって様々な解釈ができると思う......それぞれのわたさんの観方、わたさんへの思い、わたさんとの思い出によって。そういう意味でも哲学的で、奥深い作品だな......と思う。

そこまで深く考えなくても、この舞台の上で、純粋にわたさんはかっこよかったから。それだけでもよかったけどね。

暗闇に消えたわたさんが再び登場した後の舞台は、明るくてノリのいいコンサートに変わっていました。客席の前方のファンたちが、一斉に両手を上げて左右に振ったり拍手する.....客席と舞台との一体感を感じました。これこそ、まさにわたさんの世界!

少し前までの、憂いに包まれて、深い深い心の奥底を表現していたわたさんからは一転して、サワヤカで明るくて楽しいわたさん。この二面性というか、振幅の大きさも、わたさんの堪らない魅力のひとつなんだろうな......と思いました。

何度も何度も思い返しては、かみ締める。長く深く、切ない余韻の残る、私にとってお気に入りの舞台の一つになりました。

« あの日につながる切ない想い@ACHE ~疼き~(後半) | Main | 穏やかであたたかな空気@2008年秋雪組若手トークショー »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14377/42303361

Listed below are links to weblogs that reference 思い返してかみ締める....@ACHE ~疼き~:

« あの日につながる切ない想い@ACHE ~疼き~(後半) | Main | 穏やかであたたかな空気@2008年秋雪組若手トークショー »