Recent Trackbacks

« August 2008 | Main

穏やかであたたかな空気@2008年秋雪組若手トークショー

2008年秋。雪組『ソロモンの指環』『マリポーサの花』東京公演中に行われたトークショーについて書いたものです。書きかけで置いてあったものを見つけたので、少し加筆して掲載します。

10月27日月曜日の夕方。雪組若手さんたちのトークショーに向かうため、雨上がりの都心の街を急ぎました。

会場のヤクルトホールの前には、いかにも宝塚ファン.....というのがどういうものか、自分でもよくわからないですが......なんとなく同じ場所に向かいそうな女性客が数人、人待ち顔で立っていました。

今日の主役は、コマ(沙央くらま)、しゅうちゃん(大凪真央)、キャビー(早花まこ)の3人。コマは新公を卒業したばかり。しゅうちゃんとキャビーは、今年が新公の長の学年ですね。

宝塚友の会の会員特典のような、この、各組若手スターさんたちのトークショーは、いつも月曜の夕方に開催されていて行きづらい時間帯のため、自分で申し込みをすることはほとんどありません。が、今回行くつもりでいたお友達の都合が悪くなったため、急遽大声をかけていただきました。
コマは、私が子ども時代を過ごした場所の近所のご出身らしく、以前スカステの何かの番組で子どもの頃の話をしていたのを聞いて、とても懐かしく思いました。それ以来、なんとなく気になる生徒さんではあったのですね。なので、今回お声をかけていただいたときに、どんな生徒さんなのか、ぜひ素顔を拝見したいなと思い、ありがたくお誘いを受けることにしたのでした。

ヤクルトホール独特の、ファッションショーの会場になりそうなステージは、深い海の底のような青白い照明に照らされていました。携帯電話の注意などを聞きながら、待つことしばし。

客席後方から3人のスターさんが現れました。

コマ(沙央くらま)は、ちょっと女性らしくてかわいらしいテーラードの黒いパンツスーツに赤いシャツ。
しゅうちゃん(大凪真央)は、白いシャツに丈の長い黒い上着に、黒いパンツ。ヒールの細いパンプスが印象的でした。
キャビー(早花まこ)は、少し空けるオレンジのワンピースに白いボレロ...だったかな?小柄なキャビーによく似合う、女の子らしい、華やかで可愛らしい装いでした。ヘアはコマがアレンジしたとのこと。前髪をセンターで分けて、トップと一緒に一つにまとめて右側でねじって、それを左の耳の後ろあたりでとめたような髪型。で、白いお花がついてました。ポイントは、コマいわく「真ん中分け」だそうで......

トークは、まず、公演の話から始まりました。

コマは思っていたとおり元気な男役さん。お客様に楽しんでもらいたい、自分たちをわかってもらいたいと、一生懸命な気持ちがとてもよく伝わってきます。

今回ショー『ソロモンの指環』は30分と短いですが、やはり、出演している彼女たちも「短さになかなか慣れなかった」そうです。

コマは最初のシーンは極楽鳥で、ダルマを着て登場するのですが、とくに休日二回公演の11時の部のときは「これで目を覚ましてもらう!」ぐらいの勢いで、パーッと出てくるようにしているそうです。

キャビーは、まやさん(未沙のえる)と一緒に指環売りとなって、銀橋の階段に腰掛けてお客様に「いらっしゃいませ」「いかがですか?」と宝石を勧めていますが。
あるとき大劇場で、いつものように「いかがですか?」と、宝石の入ったトランクを開いたら、目の前にいたオバサンが、指環をいっぱいつけた手をキャビーに突き出して見せた....なんてことがあったそうです。張り合っていたの!? それは驚いたそうですが、それも含めて、お客様と触れ合うのは、やはり楽しいようですね。

指環のセットが、指環だけじゃなくていろいろ変化していくのも、珍しくて面白い。ぜひよく見てください、とキャビー。

その指環のセットですが。舞台稽古で「指環に上る人は上って」とセンセイから指示があったときに、しゅうちゃんは、ほんとは指環に上る人ではなかったのだけれど、指輪に上ってみたのだそうです。他にも同じように上る人がいて、指環の上には、本来の人数よりも大勢が上っていたそうです(笑)。キャビーやコマも上りたかったけど、自分はその振りはついていないから....と遠慮したらしいのですが。「上ればよかった」と言ってました。

指環のセットもそうなのだけれど、指環の小道具もいっぱい出てきて、それに絡む振りがいっぱいあって、お稽古場のときは何をしているのかさっぱりわからなかったけれど、舞台稽古になって「あぁ、あれはこうだったのか!」というのがわかって、すごい驚いたというか、わぁっと思ったそうです。

コマは、浮き輪のように指環の中に入って持っている振りを見て、あれは何をしているんだろうと思っていた.....という説明のときに、ハンドマイクを持ってその振りをすると、両手がふさがってしまってマイクを持てなくなって、マイクなしですごい大声で話していたのが、おかしくてかわいかった(笑)

そのショーの中で、しゅうちゃんは海の場面が好き、ということです。海の波がうねるような動きが好きなのですって。あの場面が始まると、いつも、袖に見に行ってしまうそうです。

このショーは荻田先生(演出:荻田浩一)独特の世界なので、とくにストーリーとか考えないで、悩まないで見てほしい、とのことでした。


『マリポーサの花』は「長い」という評判だけれど、フィナーレがついて、ナンバーも多いので、演じてる側としてはあまりお芝居自体は長いと感じない。いつもと同じぐらいかな.....と。

台本もとくに厚くない.....という話の中で、お稽古の最初の本読みのときのエピソードがいくつか紹介されました。

コマはいろんな役をやっているけれど、いちばん好きなのは「使用人」ですって。本読みのときにわからなくなってしまって、となみ(白羽ゆり)のセリフを例の口調で読んでしまって、笑われたとか。

しゅうちゃんはオヅキ(緒月遠麻)の「子分」で、いつも笑っている役なのだけれど、台本にもセリフがなくて「笑」と書いてあるそうです。本読みのときに、どうしていいかわからなくて「ははは」と笑っていたら、マサツカ先生(演出:正塚晴彦)に「それは違う」と言われたそうです。

「宝塚はお客様があたたかいですよね」と話題をふられたときに、コマは、新人公演でオスカルを演じたときのエピソードの話をしていました。
まだ何もできていない自分を、お客様はあたたかく受け入れてくれた。「何もできない自分を、お客様がオスカルに引き上げてくれた」と。
それは、バスティーユの場面で。あの、衛兵隊たちに十字の形で持ち上げれたときか、それとも、こときれる瞬間か......その言葉が、コマのお人柄を表すような気がして、感動しました。今もこれを書きながら、涙がこぼれそうな気持ちです。

しゅうちゃんは、おっとりゆったりしたタイプなのですね。にこにこしていて、話をふられても「そうですね」と肯定して終っちゃうような。

キャビーはもっとキャピキャピ(←死語?)した女の子かと思っていたら、一言一言をじっくり考え、言葉を選びながら話す、とても落ち着いたお嬢さんで、ちょっと意外でした。

3人とも、現在の公演の次は『カラマーゾフの兄弟』に出演。
コマは今、頑張って原作を読んでいるのだそうですが。長いのでなかなか読めなくて......と話していました。

赤坂ACTシアターは楽屋もまだ新しくて、人が使ったという気配がなくてきれいで......なにか別の表現をされていたのですが、いまいちよく思い出せない........コマは、それも楽しみだそうです。

3人のお人柄なのかな。ファンの方々が雪組さんを見つめる眼差しのせいかな。とても穏やかな空気が流れていて。キャビー、しゅうちゃん、コマの3人に見送られてヤクルトホールを後にしたときに、なんだか心のなかに温かなものを感じました。

トークショー終了後、お見送りに立っているコマに「頑張ってくださいね」と声をかけたら、照れくさそうな笑顔で、とても力強く「はい!」と答えてくれたのが、印象的でした。

« August 2008 | Main