Recent Trackbacks

2008年の年頭に

新年あけましておめでとうございます......なんて、門松を外してしまった後に(苦笑)

2007年は、本業のお仕事がとても忙しかったり、心にひっかかるものがあって思うように筆.......て言うか、キーボードがすすまない日が続いて、あまりこの『すみれ三昧日記』の更新ができませんでしたが。

年末に、昨年お亡くなりになった阿久悠さんの追悼番組の中でこんな言葉が紹介されていました。

たくさんの言葉を知れば他人の心がよりよく理解できる
たくさんの言葉を知れば自分の心がよりよく表現できる
だから、きらきらと輝く言葉をたくさん学んで、
きらきらと輝くような心を身につけてください

細かい表現は覚えていないので、意訳で恐縮なんですが。ていうか、阿久悠さんは詩人なので、細かい言いまわしを覚えていないのは致命的なのかもしれないけれど。ともかくそんなニュアンスのことを聞いて、なるほど~と思ったのでした。

私もやっぱり、大好きな宝塚歌劇を見たときに浮かんだことごとを、ひとつひとつきちんと言葉で残していく努力を惜しんではいけないんじゃないかな.......昨年はあまり書かなかったんだけど。形に残らなかった思いは、しっかりと自分の心に刻みこまれないまま、どこかに消えていってしまうような気がしました。

今年は「地道に継続」していくことを目標に、がんばっていきたいと思いました.....が。思った矢先にも、やっぱり書いていない.....(苦笑)

年が明けて、この『すみれ三昧』も、サイトを開設してからまる4年になります。思えば、このサイトを開設したきっかけは「宝塚歌劇にどっぷり浸る自分の毎日を記録したい」という気持ちからだったのでした。その「毎日の行動の記録」は『Sumire Zam-mai Satelite Office』のほうで続けていますが、「日々の想いの記録」はやっぱりここでじっくり書いていきたいな、と思います。4年前の自分を、ここのサイトで読むのは、なんとなく懐かしくて切なくて照れくさくて。宝塚歌劇のことを知っているつもりで、まだぜんぜん理解していない自分を、今振り返ると、突っ込みまくりになってしまうけれど、でも、懐かしい。そんな今の自分の思いを、数年後の自分にも見せてあげたいと思う。

なので。今年は、もっとマメに更新できるように努力したいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。